2014年2月8日土曜日

Aurora にも Australis が適用された

Aurora が 29 になり、UI がついに Australis になりました。着々と近付いております。

: Aurora 29.0a2 (2014-02-07)

カスタマイズできなさ加減は相変わらずですが、タイトルバー表示ができるようになっています。実は元々、browser.tabs.drawInTitlebar を false にすれば表示できていましたが、カスタマイズ画面に専用のボタンが用意されました。

: カスタマイズ画面

タイトルバーを表示すると、色が Australis より前と同じになり、アクティブタブは目立たなくなります。

: タイトルバーを表示した状態

残るは、ロケーションバー(今はなんて呼ぶんでしたっけ)の位置が変更可能になって、下部アドオンバー(とできればステータスバー)が正式に復活すれば何とか頑張れそうな気がします(が、どれも望みは薄そう)。

0 件のコメント:

コメントを投稿